【オセロニア】スィシェルの評価 / 竜属性 / 幻獣印

スポンサーリンク


スィシェルをざっくり言うと!

◆ スキルが、神属性にしか効果が無い

◆ 効果を得たとして、効果が微妙

◆ コンボスキルは、使いやすい囁き系

◆ 総合評価点は、4.5点と低評価

【進化前】スィシェルの基本情報

キャラ名 スィシェル
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 742
最大ATK 906

【進化前】スィシェルのスキル

スキル名 対神球壁
種類 防御
Lv1 防御:この駒が神駒にひっくり返された時に発動する。受けた通常攻撃ダメージを20%にする。

【進化前】スィシェルのコンボスキル

コンボスキル名 竜の囁き
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になる。

【進化前】スィシェルの進化素材

必要な素材
カッパーインゴット ヒヒイロカネ銅 チャンドラヴァルマン鋼 幻牛の角

【進化後】鎧淵竜 スィシェルの基本情報

キャラ名 鎧淵竜 スィシェル
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A+
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 930
最大ATK 1208

【進化後】鎧淵竜 スィシェルのスキル

スキル名 対神球壁
種類 防御
Lv1 防御:この駒が神駒にひっくり返された時に発動する。受けた通常攻撃ダメージを20%にする。
Lv2 防御:この駒が神駒にひっくり返された時に発動する。受けた通常攻撃ダメージを15%にする。

【進化後】鎧淵竜 スィシェルのコンボスキル

コンボスキル名 竜の囁き
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.2倍になり、最大で2倍になる。

【進化後】鎧淵竜 スィシェルの総合評価

キャラ名 評価点
鎧淵竜 スィシェル 4.5点 / 10点

スィシェルの総合評価手について解説していきます。

◆ スィシェルのスキル解説

スィシェルのスキルは、防御系の、対神球壁というスキルです。

対神球壁は、この駒が神駒にひっくり返された時に発動する。受けた通常攻撃ダメージをスキルレベル最大で、15%にするというスキルです。

このスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

① 防御出来るのは、神属性にひっくり返された時のみ

1点目は、スキルの発動条件についてです。

スィシェルのスキルは、下記でも説明をしていきますが、通常攻撃ダメージを大きくカットしてくれる優秀な防御スキルです。

ですが、その効果は、神属性にのみ対応するスキルとなっており、使用出来る範囲が大きく限られてしまうのが現状です。

神属性相手には、相手をイラっとさせるような防御率ですが、竜属性デッキで使用するこちら側にとって、HPが少ないという弱点がある中で、攻撃の手を緩めて、防御スキルを配置するという余裕があるのかどうか・・・。

発動条件と共に、疑問が残りますね。

② 通常攻撃を15%カット!

2点目は、スキルの効果についてです。

スィシェルのスキルは、上記でも述べましたが、神属性相手にのみ限られるものの、通常攻撃を15%にしてくれるという防御率の高いスキルとなっております。

この駒が、魔属性や神属性であれば、使い道があったかもしれませんが、問題なのは、竜属性だということですね。

防御するくらいなら、ガンガン攻めてやる!という考えが、基本的な竜属性デッキの考え方なので、当てはまるかという、正直微妙なスキルと言えますね。

◆ スィシェルのコンボスキル解説

次に、スィシェルのコンボスキルについて解説していきます。

スィシェルのコンボスキルは、バフ系の、竜の囁きというコンボスキルです。

竜の囁きは、このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、スキルレベル最大で、通常攻撃が1.2倍になり、最大で2倍になるというコンボスキルです。

このコンボスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

① 発動条件が軽く、自分の好きなタイミングで使用する事が可能!

1点目は、コンボスキルの発動条件についてです。

スィシェルのコンボスキルは、盤面の竜属性駒の数によって掛かる倍率が変化するものの、発動条件は特に設定されていないため、自分の好きなタイミングでコンボスキルを発動させることが可能です。

スィシェル自体のスキルも防御系のスキルで、特に配置タイミングを選びません。

ですので、コンボスキルを発動させるチャンスがあれば、積極的に発動させましょう!!

② 攻撃倍率が最大で2倍という魅力的な値!

2点目は、コンボスキルの効果についてです。

上記でも述べた通り、スィシェルのコンボスキルは、盤面にある竜属性の駒の数によって倍率が変化するスキルですが、最大で2倍にまで倍率をあげる事が出来る非常に強力なコンボスキルとなっております。

もちろん、最大倍率にするまで、盤面に竜属性駒を残すのは、竜属性デッキにとってはかなり厳しいことですが、それでも、上記でも述べましたが、発動条件がこれといってないので、相手にとって脅威になることは間違いないでしょう!

◆ スィシェルの総合評価

以上を踏まえて、スィシェルの総合評価について解説していきます。

スィシェルの総合評価を解説する上で、重要となってくるポイントは、2点です。

① 防御系のスキルの使い道が、正直微妙

1点目は、防御系のスキルについてです。

スィシェルのスキルは、上記でも述べた通り、神属性にのみ効果を発揮するスキルとなっており、発動したときには、相手の通常攻撃を15%にしてしまうという非常に強力な防御スキルとなっている、という風に感じてしまいますが、これはかなり微妙なスキルです。

神属性の基本的な戦い方として、通常攻撃をバフ系スキルで向上させて、相手に攻撃するというよりかは、特殊攻撃で攻撃をしていくというスタイルのキャラが多いのが現状です。

その中で、通常攻撃をいくらカットしても、さほど効果が無いと言えます。

故に、スィシェルのスキルを大きな減点対象となってしまいますね。

② 発動条件が軽く、火力の底上げに良し!

2点目は、コンボスキルについてです。

スィシェルのコンボスキルは、上記でも述べた通り、最大倍率が2倍にまで膨れ上がる非常に強力なコンボスキルとなっております。

もちろん、最大倍率にまで持っていく事は難しいかもしれませんが、1.4倍、1.6倍ほどの倍率は軽く出す事が可能です!

発動条件も特になく、スキルの兼ね合いで、角マスに配置されることを考えれば非常に使いやすいコンボスキルだといえるでしょう。

◆ スィシェルの総合評価点

以上を踏まえて、スィシェルの総合評価点を算出すると、10点満点中、4.5点という評価を付けさせて頂きました。

Aランクキャラだけで比較すると、通常よりも低い評価を得ているキャラだと言えます。

もちろん、コンボスキルは竜属性デッキにとって、非常に使いやすいコンボスキルではありますが、やはり防御系のスキルがあまり活躍出来ないというのが大きなマイナス評価の要因ですね。

入手方法に関しては、ガチャ限定キャラとなりますが、竜属性デッキとしては、あまり使い道がない為、逆転コインの為に、売却して構わないキャラだと言えます。

◆ スィシェルと相性の良い代表的なキャラ

・ デネヴ

・ レジェ

・ ノイレ

・ ベルーガ

オセロニアのまとめページ

スポンサーリンク


シェアする

フォローする