【オセロニア】ハヴィラームの評価 / 竜属性 / 幻獣印

【オセロニア】ハヴィラームの評価 / 竜属性 / 幻獣印

ハヴィラームの基本情報

キャラ名 ハヴィラーム
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ B
コスト 5
使用制限 2
声優 無し
最大HP 579
最大ATK 870

ハヴィラームのスキル

スキル名 竜の囁き
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になる。

ハヴィラームのコンボスキル

コンボスキル ドラゴゲイン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。通常攻撃が1.5倍になる。

ハヴィラームの総合評価

キャラ名 評価点
ハヴィラーム 2.5点 / 10点

ハヴィラームの総合評価について解説していきます。

まずは、スキルから解説していきます。

ハヴィラームのスキルは、バフ系の、竜の囁きというスキルです。

竜の囁きは、このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になるというスキルです。

このスキルは、全属性の中で、竜属性が一番相性が良いスキルとなっております。

神属性、魔属性は、どちらかというと、コンボスキルの特殊攻撃や、罠、毒といったスキルで攻撃していくのがメインとなってきますが、竜属性の場合は、通常攻撃力に倍率を掛けていき、いかに高い通常攻撃を繰り出すかが勝負の分かれ道となってきます。

そんな竜属性には、竜の囁きといった、バフ系のスキルとの相性が非常に良い為、重宝されるケースが非常に多いです。

ですが、Bランクキャラの場合、そもそものATKが低いという事と、竜の囁きのスキルレベルが1までしかない為、最大倍率の2倍を出すには、10枚の竜属性キャラを盤面に出さなければなりません。

コンボスキルで、竜の囁きであれば、まだ使いやすいのですが、基本ATKの低いB属性のスキルとして、竜の囁きを使うのはあまり高い攻撃力を出すことが出来ません。

次にコンボスキルについて解説していきます。

ハヴィラームのコンボスキルは、バフ系の、ドラゴゲインというスキルです。

ドラゴゲインは、周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。通常攻撃が1.5倍になるというスキルです。

周囲に自分の竜駒があるという状況は、一見よく作れそうに感じてしまいますが、実は竜属性デッキを使用すると、案外その局面を作るのが難しいです。

その理由としては、竜属性デッキを相手にする際、コンボスキルを発動されてしまうと、一度にくらうダメージが非常に大きくなるため、出来る限り、コンボスキルを発動させないように、キャラ駒をひっくり返す事を優先する事が多いです。

キャラ駒をひっくり返されてしまえば、おのずと周囲に自分の竜属性駒がある状況をつくれず、このドラゴゲインといった周囲に自分の竜駒があるマスで発動というスキルを使用できなくなってしまいます。

神属性デッキなどでは、周囲に自分の駒がある状況を作りやすいのですが、竜属性デッキだと、なかなか難しいところがありますね。

上記を踏まえて、総合評価について解説していくと、スキルの竜の囁き自体は、非常に優秀なスキルなのですが、スキルでとなると、おおもとのキャラのATKが大きく影響してしまい、Bランクキャラで発動しても、攻撃力に限界があるというのが難点ですね。

更に、コンボスキルのドラゴゲインは、上記でも述べた通り、発動タイミングがかなり難しいところです。

Sランクキャラを配置する際に、このドラゴゲインが発動出来れば、非常に高火力な攻撃が実現可能となる為、Bランクとしては高い評価をあげたいところなのですが、やはり発動タイミングが難点ですね。

このようなことから、総合評価点を付けると、10点満点中、2.5点という評価を付けさせて頂きました。

Bランクキャラで言えば、平均よりも少し下の評価となります。

入手方法については、通常クエストでの入手が出来ない為、ガチャ限定モンスターとなります。

この性能で、ガチャ限定とは生意気だと考えている方は、私だけではないはずです・・・笑

主な使い道として、逆転コインに変換と紹介している方もいらっしゃいますね笑

私も、ゲームでは同じ使い方をしています・・・。

スポンサーリンク


シェアする

フォローする