【オセロニア】フェアリードラゴンの評価 / 竜属性 / 幻獣印

  • 【オセロニア】フェアリードラゴンの評価 / 竜属性 / 幻獣印 はコメントを受け付けていません。

フェアリードラゴンをざっくり言うと!

・ 発動条件が厳しいスキル持ち!

・ 発動さえしてしまえば、最大倍率2.1倍!

・ コンボスキルはBランクキャラ並み・・・

・ 総合評価点は、5.0点と低評価

 

【進化前】フェアリードラゴンの基本情報

キャラ名 フェアリードラゴン
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A+
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 787
最大ATK 1077

 

【進化前】フェアリードラゴンのスキル情報

スキル名 アル・ブレイブコーン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:角マスのみ発動できる。通常攻撃が2倍になる。

 

【進化前】フェアリードラゴンのコンボスキル情報

コンボスキル名 アル・ブレイブ
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:通常攻撃が1.2倍になる。

 

【進化前】フェアリードラゴンの進化に必要な素材

必要素材
カッパーインゴット ゴールドリング チャンドラヴァルマン鋼 魔女の眠り薬

 

【進化後】癒竜フェアリードラゴンの基本情報

キャラ名 癒竜フェアリードラゴン
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A+
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 1176
最大ATK 1246

 

【進化後】癒竜フェアリードラゴンのスキル情報

スキル名 アル・ブレイブコーン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:角マスのみ発動できる。通常攻撃が2倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:角マスのみ発動できる。通常攻撃が2.1倍になる。

 

【進化後】癒竜フェアリードラゴンのコンボスキル情報

コンボスキル名 アル・ブレイブ
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:通常攻撃が1.2倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:通常攻撃が1.3倍になる。

 

【進化後】癒竜フェアリードラゴンの総合評価

キャラ名 総合評価点
癒竜フェアリードラゴン 5.0点 / 10点

フェアリードラゴンの総合評価について解説していきます。

 

◆ フェアリードラゴンのスキル解説

はじめに、フェアリードラゴンのスキルについて解説していきます。

フェアリードラゴンのスキルは、バフ系の、アル・ブレイブコーンというスキルです。

アル・ブレイブコーンは、角マスのみ発動できる。スキルレベル最大で、通常攻撃が2.1倍になるというスキルです。

このスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは、2点です。

 

① 発動条件が、角マスのみと条件が厳しい!

1点目は、発動条件についてです。

フェアリードラゴンのスキルの発動条件は、角マスにのみ発動出来るという条件となっており、これは竜属性デッキで使用すると考えると、発動条件がかなり厳しいものだと考えられます。

基本的には、角マスを取ることを考えずに、X打ちなどをして、コンボスキルを重視して戦っていくのが、竜属性デッキですので、角を重視して戦うということをあまりしません。

もちろん、角を狙えることがあれば、積極的に狙っていくのですが、仮に角が狙えるタイミングがあったとして、手駒にフェアリードラゴンが運よく来てくれるかとなると、運次第のところもありますよね。

でしたら、ヴァイスといった角マスに配置することによって、基本ステータスが大きく向上するようなスキルの方が良いのかなぁとか、考えちゃいますね。

それくらい、発動条件が厳しいものとなっております。

 

② 発動すれば、攻撃力が2.1倍となる強力なスキル!

2点目は、スキルの効果についてです。

上記では、フェアリードラゴンのスキルが発動条件が厳しいという事を説明させて頂きましたが、発動条件が厳しいだけに、発動したときにスキルの効果は非常に強力なものとなっております。

スキルレベル最大にすれば、通常攻撃力が2.1倍となるSランク並みの倍率を誇ります。

もちろん、フェアリードラゴンの基本ATKありきの話なので、Sランクのような爆発的な攻撃力を生み出すことは出来ませんが、コンボスキルをうまく絡ませれば、非常に強力な攻撃を仕掛ける事も可能です!

ですが、上記で述べましたが、基本ATKに大きく左右されてしまうのがスキルですので、それであれば、ヴァイスの基本ATKを向上させる駒の方が優秀かもしれませんね・・・。

 

◆ フェアリードラゴンのスキル解説

次に、フェアリードラゴンのコンボスキルについて解説していきます。

フェアリードラゴンのコンボスキルは、バフ系の、アル・ブレイブというスキルとなっております。

アル・ブレイブは、通常攻撃が、スキルレベル最大で1.3となるスキルとなっております。

このコンボスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

 

① 発動条件が無く、ガンガン発動させることが可能!

1点目は、コンボスキルの発動条件についてです。

フェアリードラゴンのコンボスキルの発動条件は全く無く、非常にシンプルなコンボスキルとなっております。

HPの縛りや、盤面の状況、更には、相手リーダーの属性など、全く関係なく、コンボをつなげば必ず発動させるコンボスキルとなっております。

効果については、下記で解説していきますが、発動条件が無く、発動出来るというのは利点ですね!

 

② 最大倍率が、Aランクとは思えない低さ・・・

2点目は、コンボスキルの効果についてです。

フェアリードラゴンのコンボスキルは、上記で解説した通り、発動条件が全く無いものの、スキルレベル最大でも、通常攻撃が1.3倍にまでしか向上されません。

これは、Bランクキャラのコンボスキル並みの弱さとなってしまいます。

もちろん、上記で述べた通り、発動条件が無いというのは魅力ではありますが、さすがに、1.3倍では、竜属性の火力としては、いまいち物足りないかもしれませんね・・・。

 

◆ フェアリードラゴンの総合評価

以上を踏まえて、フェアリードラゴンの総合評価について解説していきます。

フェアリードラゴンの総合評価を解説する上で、重要となってくるポイントは大きく分けて3点です。

 

① ステータスは、HPが高めの1176と優秀な値!

1点目は、フェアリードラゴンのステータスについてです。

フェアリードラゴンのステータスは、最大HPが1176、最大ATKが1246と、竜属性のAランクキャラとしては、HPが非常に優秀な値だと言えます。

1000越えをしている竜属性Aランクキャラが少ない中で、1176と、1000を大幅に越しているところが、非常に優秀だといえるでしょう!

HPの少ない竜属性にとって、HPの底上げ要因としても、使用して頂くことも可能ですね!

ATKに関しても、決して悪い数字ではありませんが、スキルがせっかく2.1倍まで付くわけですから、少しもったいないような気もしますよね・・・。

 

② 発動条件が厳しいものの、最大倍率2.1倍は魅力的なスキル!

2点目は、フェアリードラゴンのスキルについてです。

フェアリードラゴンのスキルは、上記でも解説した通り、角マスに配置すると発動出来るという、大きな限定を受けているスキルとなっております。

もちろん、ここまで難しい発動条件ですから、発動したときは、スキルレベル最大で、2.1倍と非常に大きな攻撃力を誇ります。

倍率だけで言えば、Sランクキャラ並みですよね!

ですが、上記でも解説した通り、基本ATKに大きく影響される訳ですから、フェアリードラゴン自体の攻撃力をあげるというよりかは、デッキ全体の底上げをしてくれる、ヴァイスといったキャラの方が、使いやすいかもしれませんね・・・。

 

③ コンボスキルがBランク並みの弱さ・・・

3点目は、コンボスキルについてです。

上記でも解説しましたが、フェアリードラゴンのコンボスキルのアル・ブレイブは、発動条件が全くなく、コンボを繋げれば必ず発動出来る気楽なスキルとなっておりますが、スキルの効果が、スキルレベル最大でも、1.4倍までしか倍率が出ない、非常に頼りない効果となっております・・・・。

上記で解説した、基本ステータスの高さ、そして強力なスキルを持っているだけに、このコンボスキルの性能は非常に惜しいものがあります。

もちろん、無条件で1.4倍まで向上出来るので、弱い訳ではありませんが、もう一押し欲しいところでしたね!

惜しいコンボスキルです!

 

◆ フェアリードラゴンの総合評価点

以上を踏まえて、フェアリードラゴンの総合評価点を算出すると、10点満点中、5.0点という評価を付けさせて頂きました。

Aランクキャラだけで比較すると、平均よりも低い評価を得ているキャラだと言えます。

上記でも解説した通り、スキルで言えば、フェアリードラゴンよりも、ヴァイスの方が上ですし、何よりコンボスキルがあまりにも弱いです・・・。

もう少し、コンボスキルが強ければ高い評価をあげても良いですが、これではなかなか使い手は少ないかもしれませんね。

入手方法につきましては、ノーマルクエストのステージ12で入手する事が可能となっております。

オセロニアをはじめたばかりで、Aランクキャラが欲しい場合は、是非周回して、スキルレベル最大にしてみてはいかがでしょうか。

 

◆ フェアリードラゴンと相性の良い代表的なキャラ

・ レジェ

・ 蘭隆王

・ デネヴ

・ ノイレ

 

オセロニアのまとめページ

スポンサードリンク

遠藤さん

投稿者プロフィール

スマホゲーム、PS4、switchなど、幅広いジャンルのライターをしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る