【オセロニア】孫尚香の評価 / 竜属性 / 三国印

孫尚香をざっくり言うと!

◆ 毒ダメージを回復にしてくれる特殊なスキル持ち!

◆ 魔属性にのみ力を発揮するコンボスキル

◆ CPU戦向きのキャラ

◆ 総合評価点は、7.0点

【進化前】孫尚香の基本情報

キャラ名 孫尚香
属性 竜属性
三国印
レアリティ A
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 764
最大ATK 786

 

【進化前】孫尚香のスキル

スキル名 穢れ焼く炎界
種類 特殊
Lv1 アンデッド:盤面で表になっている1ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。
Lv2 アンデッド:盤面で表になっている2ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。

 

【進化前】孫尚香のコンボスキル

コンボスキル名 魔焼・虎竜弓
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:相手リーダーが魔駒の時に発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:相手リーダーが魔駒の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

 

【進化後】[才気剛勇の弓腰姫]孫尚香の基本情報

キャラ名 [才気剛勇の弓腰姫]孫尚香
属性 竜属性
三国印
レアリティ A+
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 1084
最大ATK 982

 

【進化後】[才気剛勇の弓腰姫]孫尚香のスキル

スキル名 穢れ焼く炎界
種類 特殊
Lv1 アンデッド:盤面で表になっている1ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。
Lv2 アンデッド:盤面で表になっている2ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。
Lv3 アンデッド:盤面で表になっている3ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージになり、毒ダメージは回復になる。

 

【進化後】[才気剛勇の弓腰姫]孫尚香のコンボスキル

コンボスキル名 魔焼・虎竜弓
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:相手リーダーが魔駒の時に発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:相手リーダーが魔駒の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。
Lv3 攻撃力アップ:相手リーダーが魔駒の時に発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。

 

【進化後】[才気剛勇の弓腰姫]孫尚香の総合評価

孫尚香の総合評価について解説していきます。

 

◆ 孫尚香のスキル解説

キャラ名 評価点
[才気剛勇の弓腰姫]孫尚香 7.0点 / 10点

はじめに、孫尚香のスキルについて解説していきます。

孫尚香のスキルは、スキルレベル最大で、盤面で表になっている3ターンの間、自分の受ける回復は毒ダメージとなり、毒ダメージは回復となるスキルです。

このスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは3点です。

 

① 発動条件が無い便利なスキル

1点目は、孫尚香の発動条件について解説していきます。

孫尚香のスキルの発動条件は、属性の縛りや、HPの縛りなどが全くない為、自分で使用していきたいタイミングで使用する事が可能です。

このあと、スキルについて詳しく解説していきますが、このスキルが好きなタイミングで使用出来るというのは非常にありがたいと考えられますね。

 

② 毒デッキはもちろん、諸葛亮イベントにもピッタリ!

2点目は、スキルの内容についてです。

孫尚香のスキルは、回復ダメージが毒ダメージとなり、毒ダメージが回復スキルとなるスキルとなっております。

もちろん、自らのデッキが回復デッキで、このスキルを使用するのは間違っていますが、それ以外のデッキで使用すれば、毒ダメージを回復スキルにする為、毒デッキには驚異的なスキルとなりそうです。

また、諸葛亮イベントは通常デッキで戦うと、1ターンに5000の毒ダメージが与えられることもあり、攻略が非常に難しい最凶イベントとなっております。

そんな時に、この孫尚香を使用すれば、攻略が一気に容易になります!

 

③ 効果が続くのは3ターン!

3点目は、効果継続ターンについてです。

孫尚香のスキルの効果は、3ターン続く内容となっております。

これと同様のスキルを持ったキャラは他にもいますが、3ターン続くキャラは初ですので、その点は少し使いやすくなったと考えられます。

諸葛亮イベントはもちろんですが、モルアナイベントでも活用する事が可能ですので、非常に有効なスキルだと言えますね!

 

◆ 孫尚香のコンボスキル解説

次に、孫尚香のコンボスキルについて解説していきます。

孫尚香のコンボスキルは、バフ系の、魔焼・虎竜弓というコンボスキルとなっております。

魔焼・虎竜弓は、スキルレベル最大で、相手リーダーが魔属性駒の時に発動出来、通常攻撃が1.8倍となるスキルとなっております。

このコンボスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

 

① 発動条件がかなり限られる!

1点目は、コンボスキルの発動条件についてです。

孫尚香のコンボスキルは、相手リーダーが魔属性駒の時にのみ発動出来るタイプのスキルとなっております。

オセロニアは、基本的にマッチングした後にならなければ相手のデッキのリーダーが何かが分かりません。

故に、このコンボスキルを発動させる為には、若干の運用素が関わってしまいます。

もちろん、少しでも確率を上げる方法はあって、1つは相手が魔属性だと確定するCPU戦に使用する事です。

CPU戦であれば、間違いなくリーダー駒が変わる事がありませんので、必ず発動する事が可能です。

2点目は、クラスマッチの仕様を利用するということです。

クラスマッチの現環境では、日にちによって属性のパラメーターが変化します。

なので、魔属性キャラのステータスが向上されている日に、このキャラを使用すれば、少しではありますが、魔属性キャラと対戦する確率が向上します。

上記の内容をしっかりと網羅すれば、役立つキャラかもしれませんね!

 

② バフの値は、通常攻撃が1.8倍!

2点目は、バフの値についてです。

孫尚香のバフコンボスキルは、通常攻撃がスキルレベル最大で、1.8倍となる非常に強力な値となっております。

この値は、Sランク並みの値だと言えます。

上記で解説した条件をクリアしてということにはなってしまいますが、相手が魔属性デッキの使い手であれば、この孫尚香のコンボスキルのバフの値は驚異的な値だと言えます!

相手が魔属性出ない場合は、全く意味のないキャラとなってしまうのが気になるところですね・・・。

 

◆ 孫尚香の総合評価

以上を踏まえて、孫尚香の総合評価について解説していきます。

孫尚香の総合評価を解説する上で、重要となってくるポイントは3点です。

① 基本ステータスが少し低め・・・・

1点目は、孫尚香の基本ステータスについてです。

孫尚香の基本ステータスは、最大HPが1084、最大ATKが982とかなり低めのステータスとなっております。

特に、基本ATKについては、982と竜属性としてはかなり低めのATKとなっております。

竜属性デッキはHPがただでさえ少ない為、このスキルを使用するとなると、攻撃力がほとんどない為、1ターン捨てるような形となってしまいます。

短期決戦で対戦が終わる竜属性は、そもそも毒属性との相性がそこまで悪くないので、どちらかというと対人戦というよりかは、CPU向きのキャラなのかもしれませんね。

 

② 諸葛亮、モルアナにドンピシャのスキル!

2点目は、孫尚香のスキルについてです。

孫尚香のスキルは、上記のスキル解説でも説明した通り、回復が毒となり、毒が回復となるスキルですが、毒デッキへの相性は非常に良いものの、スパルムや、ヘイランといったように、長期戦になればなるほどダメージが増加するキャラと、竜属性の相性はそこまで悪くない為、正直毒スキルは、アズリエルといった瞬間的に高火力な毒ダメージを与えてくるキャラ以外はそこまで脅威ではありません。

故に、このキャラを最大限に活用するには、諸葛亮イベントや、モルアナイベントで活躍する事が見込まれます。

やはり、CPU向きですね!

 

③ 魔属性限定で驚異的な力を発揮するバフ!

最後に、3点目はコンボスキルについてです。

孫尚香のコンボスキルは、相手が魔属性駒の時のみに発動出来るタイプのコンボスキルとなっており、スキルレベル最大で、通常攻撃が1.8倍となる非常に強力なコンボスキルとなっております。

上記のコンボスキル解説でも説明した通り、クラスマッチの仕様を利用して、魔属性の確率がアップする日を狙うか、CPU戦で相手が魔属性と確定しているときに使用する事で、孫尚香を最大限に活用できると考えます。

運要素が大きく関わわるので、対人戦にはあまり向かないかもしれませんね。

 

◆ 孫尚香の総合評価点

以上を踏まえて、孫尚香の総合評価点を算出すると、10点満点中、7.0点という評価を付けさせて頂きました。

Aランクキャラだけで比較すると、平均的な評価を得たキャラだと言えます。

コンピューター戦で使用するとなれば、非常に強力なキャラだと考えられますので、対人よりかはCPU戦で使用していくと良いでしょう!

 

◆ 孫尚香のと相性の良い代表的なキャラ

・ オルロ・ソルシエ

・ アズリエル

・ ベルフェゴール

・ オルトロス

オセロニアのまとめページ

スポンサードリンク

遠藤さん

投稿者プロフィール

スマホゲーム、PS4、switchなど、幅広いジャンルのライターをしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る