【オセロニア】虎竜の評価 / 竜属性 / 幻獣印

【オセロニア】虎竜の評価 / 竜属性 / 幻獣印

虎竜の基本情報

キャラ名 虎竜
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ B
コスト 5
使用制限 2
声優 無し
最大HP 698
最大ATK 969

虎竜のスキル

スキル名 サーベルファング
種類 バフ
Lv1 [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていると発動できる。このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になる。

虎竜のコンボスキル

コンボスキル名 青白の強襲
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:通常攻撃が1.2倍になる。

虎竜の総合評価

キャラ名 評価点
虎竜 2.5点 / 10点

虎竜の総合評価について解説します。

虎竜のスキル解説

虎竜のスキルについて解説していきます。

虎竜のスキルは、バフ系の、サーベルファングというスキルです。

サーベルファングは、自分のデッキに竜駒が10枚以上入っていると発動でき、このキャラも含む盤面の自分の竜駒1枚につき、通常攻撃が1.1倍になり、最大で2倍になるというスキルです。

虎竜のスキル、サーベルファングを解説していく上で、重要なポイントは2点あります。

① 発動条件がついているが、そこまで気にする必要無し!

サーベルファングを使用するにあたり、発動条件がついており、竜属性駒が10枚以上入っていなければ発動出来ません。

ですが、基本的に竜属性デッキを組む際は、ほとんどが竜属性、もしくは竜染めになる事が多く、発動条件の竜属性駒10枚以上というのは軽くクリアできると考えられます。

② 発動条件が付いているにも関わらず、普通の竜の囁き?

上記で、解説している通り、発動条件については簡単にクリアできると思います。

ですが、発動スキルがついているからには、同系統のスキルよりも強力になっていると通常であれば考えますが、このサーベルファングというスキルは、普通に竜の囁きというスキルと同じですよね・・・?

であれば、むしろ弱体化しているのでは?と考えてしまいます。

これで、通常攻撃が竜駒1枚につき、1.2倍とかであれば話は別でしたが、1.1倍だと最大倍率の2倍を出すのはまず無理でしょう。

虎竜のコンボスキル解説

次に虎竜のコンボスキルについて解説していきます。

虎竜のコンボスキルは、バフ系の、青白の強襲というスキルです。

青白の強襲は、通常攻撃が1.2倍になるというスキルです。

このコンボスキルを解説する上で、ポイントとなってくるのは特にありません。

非常にシンプルなスキルで、発動条件もなく通常攻撃を1.2倍にするというものです。

竜属性のコンボスキルとしては、少し物足りない倍率ではありますが、無いよりはいいかなと考えるべきでしょうか・・・。

ブレイブという1.1倍というスキルも存在しておりますので、それよりかはマシかなと考えましょう。

虎竜の総合評価

これらを踏まえて、虎竜の総合評価を解説していきます。

虎竜の総合評価を解説する上で、ポイントとなってくるのは2点です。

① 発動条件付きのスキルだが、強力ではない

サーベルファングというスキルは、発動条件があり、竜属性駒が10枚以上入っていると発動出来るのですが、条件をクリアして発動するスキルが、なぜか竜の囁きのスキルレベル1状態のスキルと全く同じという謎な状況。

通常であれば発動条件が付けば、スキルも強力になるのですが、強力になったのはサーベルファングという名前だけですね(笑)

あまり評価できるスキルではありません。

② コンボスキルが非常に微妙な値

コンボスキルの、青白の強襲は、通常攻撃が1.2倍になるというコンボスキルです。

発動条件がなく、気軽にコンボスキルを使用出来るという利点があるものの、1.2倍では正直お話しになりません。

竜属性デッキは、とにかく1ターンの重要度が高く、出来る限り高い攻撃を仕掛けたい為、1.2倍というコンボスキルを使うメリットがありません。

これも減点材料となってしまいます。

虎竜の総合評価点

以上を踏まえて、虎竜の総合評価点を算出すると、10点満点中、2.5点という評価を付けさせて頂きました。

Bランクキャラだけで比較すると、平均よりも下の評価となっております。

入手方法については、通常クエストや、決戦イベントでの入手は出来ないキャラとなっており、ガチャ限定キャラとなっております。

竜属性デッキを使用する方で、Bランク枠がまだ揃っていない、試してみたい!という方に関しては保護をして頂いても良いと思いますが、基本的には、逆転コイン要員として売却して問題ないキャラだと考えられます。

スポンサーリンク


シェアする

フォローする