【オセロニア】陰陽師・椿 / 魔属性 / 東方印

【オセロニア】陰陽師・椿 / 魔属性 / 東方印

陰陽師・椿の基本情報

キャラ名 陰陽師・椿
属性 魔属性
東方印
レアリティ B
コスト 5
使用制限 2
声優 無し
最大HP 602
最大ATK 608

陰陽師・椿のスキル

スキル名 思業式神
種類 特殊
Lv1 マス変換:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで1個共用の魔強化マスに変換する。
Lv2 マス変換:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで2個共用の魔強化マスに変換する。
Lv3 マス変換:ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで3個共用の魔強化マスに変換する。

陰陽師・椿のコンボスキル

陰陽師・椿はコンボスキルを所持していません。

陰陽師・椿の総合評価

キャラ名 評価点
陰陽師・椿 2.5点 / 10点

陰陽師・椿の総合評価について解説していきます。

陰陽師・椿のスキル解説

まずはスキルから解説していきます。

陰陽師・椿のスキルは、特殊系の、思業式神というスキルです。

思業式神は、ターン開始時のHPが50%以下の場合に発動する事が出来、盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで、スキルレベル最大時に3個共用の魔強化マスに変換するというスキルです。

このスキルを解説するにあたりポイントが2点あります。

① 発動条件が、HP50%以下というタイミング

魔属性や、神属性にキャラにとって、HPが50%以下というのは、本格的に攻撃を開始するスタート合図のようなものです。

というのも、HPが50%以下になると攻撃が発動出来たりというスキルが多く存在する為、このスキルのHP50%以下というのはあまり理想的なタイミングとは言えません。

② 共用の魔属性強化マスの生成

このスキルで生成される強化マスは、魔属性の共用の強化マスだという事が大きなポイントです。

まず、魔属性というのは、基本攻撃力を向上させるという攻撃方法をあまりしません。

故に、バフ系や、強化マスから受ける恩恵は、他の属性と比較して、低いという事が言えます。

また、共用の強化マスですので、生成される場所によっては、自分が全く使用できないマスに生成される可能性もあり得るという事です。

これに限っては、運に大きく左右されてしまう為、確実なスキルだとは言えません。

陰陽師・椿のコンボスキル解説

陰陽師・椿は、コンボスキルを所持していません

スキルから見ても、コンボスキルがあってもおかしくないスキルではありますが、決戦キャラで、いつでも入手が可能という点から、少し弱体化されている可能性はありますね。

どちらにせよ、コンボスキルがないという点は減点材料となってしまいます。

陰陽師・椿の総合評価

陰陽師・椿の総合評価について解説していきます。

陰陽師・椿の総合評価を解説する上で、重要なポイントは2点あります。

① 共用の強化マスなので、運用素が大きく関わる!

上記のスキル解説でも説明している通り、今回のスキルは、共用の強化マスを生成する為、運次第では、強化マスをすべて相手にプレゼントするという可能性も考えられます。

逆を言えば、相手が1つも使用できず、全て自分が強化マスを使えるという可能性も有ります。

こればっかりは運次第で、安定しないスキルだと言えます。

オセロニアにとって、安定した勝率を求められる為、ここはあまり評価できない点になりますね。

② コンボスキルを所持していない

陰陽師・椿は、残念ながらコンボスキルを所持していません。

魔属性は、基本ATKが低い為、出来る限り、こういったコンボスキルの積み重ねで相手に攻撃をしていきたいところなのですが、コンボスキルがないという時点で、正直進んでこのキャラを使用する意味がありません。

故に、こちらも低評価の要因となります。

陰陽師・椿の総合評価点

以上を踏まえて、総合評価点を算出すると、10点満点中、2.5点という評価を付けさせて頂きました。

Bランクキャラだけで比較すると、平均よりも少し下の評価となってしまいます。

やはり、スキルの運の要素が大きく絡むという点と、コンボスキルがないという点は、かなり厳しいですよね・・・。

入手方法としては、決戦!陰陽師・椿というステージで入手する事が可能です。

初級だと全くドロップしないので、中級で周回する事をおすすめ致します。

また、闘化キャラの素材としても使用されることがありますので、スキル上げで余ったキャラは、ボックスに余裕がある方は、所持したままでも後悔する事はないでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

フォローする