【オセロニア】魔仙・カワズの評価 / 魔属性 / 東方印

【オセロニア】魔仙・カワズの評価 / 魔属性 / 東方印

 

魔仙・カワズの基本情報

キャラ名 魔仙・カワズ
属性 魔属性
東方印
ランク B
コスト 5
使用制限 2
声優 無し
最大HP 736
最大ATK 785

魔仙・カワズのスキル

スキル名 仙術・毒吐息
種類 特殊

Lv1 オーラ:毎ターン80の毒ダメージを相手に与える
Lv2 オーラ:毎ターン90の毒ダメージを相手に与える
Lv3 オーラ:毎ターン100の毒ダメージを相手に与える

魔仙・カワズのコンボスキル

コンボスキル名 まきびし召喚
種類 特殊
Lv1 [リンク]マス変換:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで1個共用のダメージAマスに変換する。
Lv2 [リンク]マス変換:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで2個共用のダメージAマスに変換する。
Lv3 [リンク]マス変換:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで3個共用のダメージAマスに変換する。

魔仙・カワズの総合評価

キャラ名 評価点
魔仙・カワズ 3.0点 / 10点

魔仙・カワズの総合評価について解説していきます。

魔仙・カワズのスキル解説

まずは、魔仙・カワズのスキルを解説していきます。

魔仙・カワズのスキルは、特殊系の、仙術・毒吐息というスキルです。

このスキルは、自らの手駒にある間、オーラーが働き、毎ターンスキルレベル最大で100のダメージを与えるというものです。

このスキルを解説する上でのポインとは1点です。

① 無条件で毎ターン毒ダメージを与える事が可能!

このスキルは、手駒にあることによって発動され、無条件で相手に毒ダメージを与えるというスキルです。

盤面に出さなくても、毎ターン毒ダメージで相手のHPを削れるというメリットがあります。

ダメージ量的にはそこまで多い毒スキルではありませんが、ひっくり返されるリスクもなく、安定して毒ダメージを与える事が可能という事を考えると、面白いスキルですね。

魔仙・カワズのコンボスキル

次に、魔仙・カワズのコンボスキルについて解説していきます。

魔仙・カワズのコンボスキルは、特殊系の、まきびし召喚というスキルです。

まきびし召喚は、発動条件に自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていることが条件で、盤面のまだ駒が置かれていない通常マスを、ランダムで共用のダメージAマスに変換するというスキルです。

このスキルを解説する上でのポイントは1点です。

① 共用のダメージマスを生成なので、運要素が関わるコンボスキル!

このコンボスキルは、発動すればするほど、ダメージAマスだらけになるという、ある意味恐ろしいスキルではありますが、共用のダメージAマスを生成するので、運次第では、全て自分に被害がくる可能性もあれば、相手にダメージをすべて与えるという可能性もあります。

もちろん、ダメージマスを置くことにより、お互いの戦術が大きく変わり、立場が逆転する事もありますが、運用素に大きく左右される為、安定したスキルとは言えないでしょう。

魔仙・カワズの総合評価

これらを踏まえて、魔仙・カワズの総合評価について解説していきます。

魔仙・カワズの総合評価について抑えるべきポイントは1点です。

① 手駒に入れて、毒オーラとして使用しよう!

上記では、コンボスキルについて解説をさせて頂きましたが、基本的に、魔仙・カワズは盤面には出さず、手駒でオーラスキルを活かして戦う事が理想的とされます。

特に何も条件もなく相手のHPを削る事が出来、長期戦になれば、Bランクとしては高い攻撃量を出す事も可能です。

一方で、手駒が1枚固定されるというデメリットもありますので、どうしようもない場合は、盤面に出すというのも一つの方法です。

基本的には、手駒に忍ばせるのが理想的でしょう。

魔仙・カワズの総合評価点

以上の事から、魔仙・カワズの総合評価点を算出すると、10点満点中、3.0点という評価を付けさせて頂きました。

Bランクキャラだけで見ると、平均的な評価のキャラと言えるでしょう。

入手方法は、通常クエストや、決戦イベントでの入手は出来ず、ガチャ限定キャラとなっております。

入手した場合は、スキルをレベル最大にして頂ければ実践で使用しても問題ないキャラだと思います。

一応保護する事をおすすめするキャラの1人ですね!

スポンサーリンク


シェアする

フォローする