【マリオカート8DX】★基本操作の説明書★いる?いらない?

ついに発売されたswitch版「マリオカート8DX」。

新たなキャラ、アイテム、コースなどマリオカート8をベースにパワーアップして登場です。

早速ネットでも話題になっているひとつに説明書問題があるのです。

最近は、ソフトと一緒に付属の紙の説明書がなく、電子説明書だったりゲーム中のチュートリアルだったりと変わりました。 (昔は厚い説明書を読むのも面白かった。。)

たしかに説明書は読まないことも多かったですが。ダウンロード版だとそもそも付属できないし。。。

で、「今回のマリオカート8DX」

・ヘルプは画面の下の方(amiiboなどのアイコンがある近く)にある

・パッケージの裏に基本操作

と、説明はありますが。

(パッケージの裏の基本操作)

画面の説明や走行中にバックを見るなどボタンの説明が一切なくてテクニック集から始まっているので初心者は、これでは足りないかもと思ってしまいます。

初心者の方や、久々にマリオカートをプレイするかたには、慣れるまで少々時間がかかるかもしれません。

スポンサーリンク


簡単にボタン操作について

A/Y:アクセル
B:ブレーキ、バック
X:後ろを見る
R:ミニジャンプ、(ドリフト)
L:アイテムを使う

また、走行中に「ーボタン」か「+ボタン」を押すと、コントローラーの操作と設定画面が表示されます

図の上に3つの設定があります。

Lボタン : ハンドルアシストのOn/Off

Yボタン:ジャイロのOn/Off

Rボタン:オートアクセルのOn/Off

ハンドルアシスト機能

ハンドルアシスト機能は、ハンドルを自動的に調整してコースアウトを防ぐ機能です。

初心者の方やレースゲームが不得意な方も楽しめるように追加されました。

コースアウトしそうになると自然な感じでハンドルを戻してくれますので、さほど違和感なくレースを楽しむことができます。

アシスト機能をオンにすると、カート後ろにアンテナが立ち、コースアウトしそうなときは、アシスト機能が働き、黄色く点灯しコースに自然に戻してくれます。

・ハンドルアシスト機能オンとオフ

最初は、有効になっています。

キャラクター設定の後、カート&パーツ選択画面でハンドルアシスト機能のオンオフを設定できます。 上にも記載したように走行中は、「ーボタン」か「+ボタン」で設定が可能です。

ハンドルアシスト機能デメリット

慣れた人には、ドリフト時に3段階目のウルトラミニターボが使えないというデメリットもあります。

またコースアウトを防いでしまうので、ショートカットもできなくなります。

そして、タイムアタックモードではハンドルアシスト機能は、使うことができません。

ジャイロ機能

ジャイロ操作をオンにすると、十字レバーを使わなくてもコントローラーの傾きを使ってカートを操作することができます。

Wiiでもあったように直感的にプレイしたい人は、ジャイロ操作をオンにするとよりリアルにプレイできます。

また、ジャイロ操作と十字レバーを併用することもできます。大きく曲がりたいときはジャイロ操作、細かく動かしたいときは十字レバーなどのように使い分けるのもひとつのテクニックかもしれません。

オートアクセル

アクセルボタンAorYをを押さなくても、常にアクセルオン状態となりカートが自動で進んでいきます。

カート操作に慣れていないときや、小さいお子さんには良いかもしれません。

ドリフトもブレーキも効きますので、アイテムも使いたいし、あれもこれもボタンがたいへんといった場合に使いましょう。

ほかにもたくさんあります

簡単にコントローラのボタン操作&設定をご紹介してきましたが、もちろんほかにも過去作品に比べて追加されたテクニックなどもたくさんあります。

新しく追加されたテクニックは こちらへどうぞ(準備中)

説明書 テクニック編 は こちら

参考までに、「WiiU マリオカート8」には電子説明書がありました。

WiiU マリオカート8 電子説明書はこちら

アクセルボタンの位置などいろいろ書かれています。

ゲーム上でのチュートリアルが当たり前になってきたのでもう厚い説明書を読む時代ではないのですねぇ。。。

ダウンロード版も増えて、そもそも付属できないし。。。

ユーチューバーの攻略動画もたくさんあるし、結局だいたいわかるし。。。。

説明書あっても読まずに、プレイしながら覚えてたけど、なかったらなかったで寂しいような不安なような。。。

マリオカート8DX プレイ参考動画

スポンサーリンク


シェアする

フォローする