【マリオカート8DX】★説明書 テクニック編★より速く!!

マリオカート8DXでは、より速く走るために追加されたテクニックがいくつかあります。

「ヘルプ」の「テクニック」からも確認できることもありますのでチェックしてみて下さい。

※ヘルプは、トップページ画面下の一番右のアイコンになります。

ヘルプには、下図にあるように、「テクニック」「アイテム」「バトルのルール」について書かれています。

テクニックを見てみると、走行に関するテクニックの説明が動画付きで表示されます。

スポンサーリンク


テクニック一覧

ロケットスタート

もうマリオカートシリーズではおなじみですね。

スタートシグナル時にアクセルをふかして貯めていることで素早くスタートできるテクニックです。

実力が同じくらいの人と競うとき、ロケットスタートを失敗してしまうと最後までそのスタートの差がつめきれなかったなんてこともあります。。。 アイテムにもよりますが。。。

でもとても大切なロケットスタートです。

カウント2直後ぐらいからアクセル(Aボタン)を押しっぱなしすると後ろタイヤが空回りをはじめます。
タイミングがあってるとそのままロケットスタートとなりますが、タイミングが早すぎるとスタートできず時間ロスにつながります。 少しだけ練習が必要かと思いますが、それほどまでにシビアなタイミングではありません。

ドリフト

これもおなじみ、ドリフト(ターボ)はマリオカートの基本中の基本で必須テクニックです。
誰でも知っているのではと思われるほどの有名なテクニックです。

Rボタンを押しながらカーブすることで、タイヤを滑らせながら曲がるドリフト走行になります。
しばらくするとタイヤからの火花の色が変わっていきます。

今作からは3段階までドリフトがパワーアップ「ウルトラミニターボ」が追加されました。

ターボの検証動画はこちらをどうぞ   ※ハンドルアシスト機能がオンでは使用できません。

1秒貯め:青い火花ミニターボ:0.6秒間ターボ走行

3秒貯め:オレンジの火花スーパーミニターボ:1.6秒間ターボ走行

5秒貯め:ピンクの火花ウルトラミニターボ :2.6秒間ターボ走行

◆3段階にアップしていきます

ジャンプアクション

ジャンプ台から飛ぶ瞬間にRボタンを押すと、空中でジャンプアクションができます。

成功すると、着地時にダッシュし加速、キャラが飛び跳ねるアクションをしてくれるので解りやすいとおもいます。

スピンターボ

半重力エリアでライバルとぶつかると、お互いに反発してダッシュできます。半重力エリアとは、タイヤが横になって浮いている状態です)。 ライバルもダッシュします。

ライバルカートだけでなく物にぶつかってもスピンターボがかかります。

ドリフトブレーキ(減速ドリフト) 200CC必須テクニック

ドリフトを続けながら、Bボタンを押すと一瞬だけスピードを落としてコーナーを曲がります。

ドリフト中に軽くブレーキを踏むことにより、スピードを微妙に落としながらコーナーを曲がることができます。

きついコーナーは通常、ブレーキを踏んだり細かくドリフトしたりして走りますが、ドリフトブレーキを使うことにより、ドリフト状態を維持したまま走ることができます。

そうすることで、より強力なミニターボを発動させることができます。

スリップストリーム

現実のレースにもあるテクニックで、ライバルの後ろにつくことで風の抵抗を避けることで加速することができます。

前にライバルがいないとできませんが、前に相手がいるときは狙ってみましょう。

ショートカット

マリオカートのコースにはところどころにショートカットして時間を稼げるポイントがあります。
これはコースを覚えておくしかないのですが、上位を狙うにはマスターしたいところ。

※ハンドルアシスト機能がオンだと、ショートカットできません。

コイン

コース上に落ちているコインを集めることでスピードアップします。

コインは1枚につき1%スピードアップします。
序盤はしっかり集めておくと後半に活きてきます。

ここからは、テクニック集

スピンターン

停止中にAボタンとBボタンを押しながら、Lスティックを左or右に倒すとその場で方向を変えられます。

クラッシュして素早く立ち直りたいときに便利なテクニックです。

Uターン

走行中にAボタンとBボタンを押しながら、Lスティックを左or右に倒すとその場で方向を変えられます。

(バトルモード)

こちらもスピンターンと同じ操作ですが、バトルのみに可能です。

出来なくなったこと

「マリオカート8デラックス」では、前作で使えた「サンドリ」や「ねじれ」が使えなくなっていると話題です。

一体どのようなテクニックだったのでしょうか。

サンドリ・ねじれとは

サンドリは「サンダードリフト」の略です。ダッシュキノコやダッシュ板などの効果によりスピードアップしているときに、ジャンプしながら左右にレバーを入れるテクニックです。

ねじれはサンドリと同様、スピードアップしているときに可能なテクニックです。ジャンプをして着地のタイミングで左右にレバー入力します。いわゆる「着地ドラフト」です。

サンドリはジャンプと左右レバーの入力がほぼ同時なのに対して、ねじれは明確にジャンプのほうが先になりますので、そのあたりを意識するとうまくいきます。

いずれもスピードアップ効果があるため、特にタイムアタックをプレイする際には習得必須のテクニックでした。

同じような動きは見られますが、スピードアップの効果はないようです。

今作ではそのかわりに「ウルトラミニターボ」ができるようになりました。

サンドリ検証 動画

というように簡単、あたりまえだったかもしれませんが、『マリオカート8 デラックス』の基本テクニックでした。
オンライン対戦時にはみなさん当たり前のように行われますので、しっかり確認し、マスターしておくべきことです。

さて 練習しようかな。。。

スポンサーリンク


シェアする

フォローする