【マリオカート8DX】マリカー8DXの新要素はこれ!

対戦型レースゲームの定番、マリオカート8デラックスが2017年4月28日に発売されました。

前作WiiUのマリオカート8をベースにしているものの、テクニック、キャラ、アイテム、バトルモードなどなど今作から追加された新しい要素もたくさんあります。

スポンサーリンク


新要素

前作のDLCを収録

前作WiiU版マリオカート8では、有料コンテンツ(DLC)としてゼルダの伝説やどうぶつの森をテーマとしたキャラクター、マシン、コースが配信されましたが、今作のマリオカート8デラックスでは、最初から全て入っています。

これまでは、隠し要素としてプレイしながらキャラ、コースを増やしてましたが今回は、プレイする初めからほぼすべてのキャラ、コースを使うことができます。 ほぼといったのは、唯一、ゴールドマリオだけは隠しキャラとなってます。

DLCからの追加キャラクター

リンク
タヌキマリオ
ネコピーチ
むらびと(男・女)
しずえ
ほねクッパ

DLCからの追加マシン

Bダッシュ
マスターバイク
ブルーファルコン
たぬきバギー
わくわくビートル
きせかえスクーター
Pウイング
バウザートライク

DLCからの追加コース

たまごカップ(GCヨッシーサーキット/エキサイトバイク/ドラゴンロード/ミュートシティ)

ゼルダカップ(Wiiワリオこうざん/SFCレインボーロード/ツルツルツイスター/ハイラルサーキット)

どうぶつカップ(GCベビィパーク/GBAチーズランド/ネイチャーロード/どうぶつの森)

ベルカップ(3DSネオクッパシティ/GBAリボンロード/リンリンメトロ/ビッグブルー)

余談ですが、ちなみに私はこんな感じでプレイ

新キャラ5体

・ボーイ(中量級)

・ガール(中量級)

・キングテレサ(重量級)

・クッパJr.(軽量級)

・カロン(軽量級)

前作マリオカート8からマリオシリーズ以外のキャラが多く参戦してきましたが、今回もスプラトゥーンからボーイ、ガールが入りプレイできるようになりました。

アイテムについて

アイテムが2個持てる

マリオカートの面白さの理由の大きな要因にアイテムの使用があると思います。どこで使うかで勝敗に大きく影響すると思います。今作からはアイテムが2個持てるようになりました。 使う順番は変更できません。いつまで持っておくか、いつ使うか、より使用するタイミングが重要になりそうです。

新アイテム追加

「マリオカート8デラックス」より2種類の新たなアイテムが追加されています。

それが 「はね」と「テレサ」 です。

はね

カートが高くジャンプして、バナナやこうらを飛び越えます。バトルモード専用です。

テレサ

他プレイヤーからアイテムを盗んじゃいます。また、一定時間透明になり、バナナやこうらをすり抜けることができます。

新機能

ハンドルアシスト機能

200ccクラスの追加

マリオカート8デラックスから200ccが最初からレースできます。かなり早いレースです。

テクニックを磨いてどんどん挑戦しましょう。

ウルトラミニターボ

バトルモードが充実

以前よりあった「ふうせんバトル」に加えて4モードが新ルールで登場です。

ドッカン!ボムへい

出現するアイテムは、ボムへいのみ。そのボムへいで相手のふうせんを割るのです。

しかもこのモードではアイテムが10個まで持てます。ですので、あちこちでドッカンドッカン爆発がみられる迫力のある対戦となるでしょう。

あつめてコイン

コース上にあちこち落ちているコインを時間内により多く集めたプレイヤーの勝ちとなります。

アイテムをぶつけて相手のコインを落としたり、ダッシュキノコで体当りして横取りしたりすることができます。

いただきシャイン

コース上に配置されている「シャイン」を取って一定時間逃げ切れば勝ちというルールです。

アイテムをぶつけたり、体当たりをしたりすることでシャインを奪うことが可能。一人のプレイヤーをみんなで追いかける、これまでにないバトルが展開されます。

パックンVSスパイ

まったく新しいタイプのバトルモードです。

パックンチームは、制限時間内にスパイチームを全員捕まえれば勝ち。

スパイチームは、一人でも逃げ切ることができれば勝ちとなります。

捕らえられたスパイチームのメンバーはろうやに閉じ込められますが、ろうやの下のスイッチを押すことで、仲間を救出することができます。ただし、もちろんそこにはパックンチームが待ち構えている可能性が高いでしょう。

パックンチームは捕獲組とろうや護衛組の配置、スパイチームは仲間を助けるか逃げ切るかの選択が重要になります。

その時々の決断とチームワークが重要なバトルになります。

バトル専用コース登場

バトルモードがより盛り上がるように、コースが狭く分かれ道の多くなっています。よりライバルに出会いやすくなりました。コースを見ても盛り上がること間違いなしです。

遊べる人数

プレイ人数

Switch1台で遊ぶ場合のプレイ人数は1~4人。

Switchを複数台用意してローカル通信で遊ぶ場合のプレイ人数は2~8人。

インターネット通信で遊ぶ場合のプレイ人数は2~12人となっています。

大人数の盛り上がるレースができます。

本体を持ち運んでプレイする「テーブルモード」では、switch本体の画面を2分割、4分割して遊ぶこととなります。

これはプレイ画面が小さくなるのであまりオススメできませんね。

オンライン対戦では、2人まで同時プレイが可能となりました。

これも盛り上がる要因のひとつではないでしょうか。

オンラインを一緒にできれば、楽しみの幅もぐっと広がります。

様々な追加

ご紹介したように様々に新要素が追加されたマリオカート8デラックス。任天堂のゲームではかなり定番のソフトとなりました。今作からはレースを繰り返すたびにパーツが追加されるようになったり、ご紹介したような新要素が追加されたりとまた、パワーアップして帰ってきました。

持ち運びでも気軽に遊べるswitch版マリオカート8デラックス。

新要素とswitchの相乗効果でさらに盛り上がること間違いなしの定番ゲームです。

スポンサーリンク


シェアする

フォローする