【DFFOO】カウンターで強敵も怖くない「ガラフ」評価、育成優先度。

スポンサーリンク


【DFFOO】カウンターで強敵も怖くない「ガラフ」評価、育成優先度。

FF5よりガラフの参入です。

これでFF5でDFFOOに参戦しているキャラはバッツファリス、ガラフとなり、仲間側では後レナとクルルだけとなりましたね!

原作では途中で自分の命をなげうって仲間を救うというかっこいいおじいちゃんでしたが、DFFOOでもそのかっこいい姿は見れるのでしょうか!

この記事では、カウンター持ちの「ガラフ」について紹介させていただきます。

FFⅤ:ガラフ・ハルム・バルデシオン

クリスタル
攻撃方法 物理:大剣
育成優先度 B
役割 盾:カウンター
アビリティ かばう

しらはどり

相性武器 フレイムタン【Ⅴ】
参入条件 第6章 ゲート解放後「チョコボの行く道1、2」クリア後

ガラフの評価

ガラフはウォーリアオブライトと同じ盾役の役割を担います。

盾役は貴重な存在です。

ガラフのアビリティ「かばう」は味方の代わりに攻撃を受ける事ができ、アタッカーに使えば、攻撃を気にせず殴りまくれるという戦略が考えられます。

もちろんピンチになっているキャラに使うのもいいでしょう。

ガラフ最大の特徴である「しらはどり」は回避率をあげるアビリティとなっています。更にマスターする事で物理攻撃に対しカウンターを行う事ができます。

使い所が難しいガラフですが、タイミングさえ合えば、アクションを気にせずブレイブ攻撃ができるため、ウォーリアオブライトとはまた違う盾役となるでしょう。

アビリティ:かばう

かばうは味方の攻撃をガラフが受けるというなんとも男らしいアビリティです。

さらにマスター後には全員の攻撃を一人でうけてしまうという優秀なアビリティです。

ガラフをパーティに入れておくことで、アタッカーは何も気にしないでHP攻撃をすることができます。

ただかばうことに集中してガラフがブレイクしないように、ブレイブをある程度確保しておくようにしましょう。

アビリティ:しらはどり

1アクションと短い間ですが、物理攻撃を回避する可能性が上がります。

防御力も上がり、かばうと併用することでさらにいい効果が得られるでしょう。

そしてマスター状態になると、しらはどりはカウンターという特性が付きます。

どちらもマスターして使用することで、物理攻撃をしてくる敵であれば、ずっとカウンターができてしまいます。

行動負荷が重いことはさほど気にしなくていいアビリティと言えるでしょう。

【DFFOO】6章加入のワッカ、ガラフ、シャントットを使ってみた!

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク


シェアする

フォローする