【DFFOO】全体ブレイブ攻撃!!「セシル」の評価、育成優先度。

スポンサーリンク


【DFFOO】全体ブレイブ攻撃!!「セシル」の評価、育成優先度。

FFⅣの主人公のセシルは第二章にてDFFOOに参戦しております

第2章では他にも【セシルイダジタンヴァン】が加入し豊作の第二章と呼べますね。

原作ではいずれ暗黒騎士から聖騎士に変わるセシルですが、DFFOOでは暗黒騎士として登場しております。

今後どのようにセシルが聖騎士になっていくのかとても私は楽しみです!

この記事では貴重な全体ブレイブ攻撃を持つ「セシル」の評価、育成難易度を紹介したいと思います。

セシル特有の自傷のシステムなども紹介していくので、セシルを使っていきたい人は見ていってくださいね。

FFⅣ:セシル・ハーヴィ

クリスタル
攻撃 物理:大剣
育成優先度 A
役割 全体攻撃
アビリティ あんこく

ヴァリアントブロウ

相性武器 デスブリンガー【Ⅳ】
参入条件 第2章 「光さす草原」クリア後

セシルの評価

貴重な全体ブレイブ攻撃を持つセシルはアタッカーとして、またクラウドとはちがう使い方があります。

単体に対してはクラウドの方が評価が高いですが、ボスが複数でてくる場合にはセシルのほうが強いと言えるでしょう。

アビリティはどちらも自身のHPを消費して発動するというものになっていますが。どちらも強力なものとなっています。

あんこくは闇属性をもつ、アビリティとなっており、貴重な全体ブレイブ攻撃です。

ヴァリアントブロウは闇属性ブレイブ攻撃を3回行ったあとに、吹き飛ばすことができる強力なアビリティです。

どちらも強力で攻撃的なアビリティの為、セシルはアタッカーとして育てるべきキャラと言えるでしょう。

アビリティ:あんこく

全体ブレイブ攻撃をできることから、様々な場面で役立つと考えていいでしょう。

道中の雑魚戦で使用すれば、一掃できることが可能となっており、複数のボスが出てくる場面でも役立ちます。

自身のHPを消費する、自傷持ちですが、少ししかHPは減らないので、そこまで気にするようなレベルではないと思います。

もしHPが減ることに不安があるなら、HPリジェネ等をもつエーコと組み合わせて使うとHPが減ることなく【あんこく】を使用することができますね。

アビリティ:ヴァリアントブロウ

ブレイブ攻撃を3回したあと、吹き飛ばし効果を持つ、大変強いアビリティとなっています。

吹き飛ばし効果を持つキャラとしてはクラウドがまずいると思いますが、クラウドと比べると、属性持ちということでいい意味でも悪い意味でも違いがあります。

闇属性が弱点の敵であればもちろんセシルのほうが強いですが、弱点が無い場合はクラウドの方が強いです。

ただ弱点をつくことができなくても吹き飛ばしの効果が強力なため、ヴァリアントブロウも強力なアビリティと言えるでしょう。

【DFFオペラオムニア】セシル限突の威力をシヴァイベントに全力でぶつける【ゆっくり】

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク


シェアする

フォローする