【DFFOO】おすすめ召喚獣の紹介!!うまく使って大ダメージ!!

スポンサーリンク


【DFFOO】おすすめ召喚獣の紹介!!うまく使って大ダメージ!!

DFFOOでは、現在6体の召喚獣を仲間にすることが可能になっています。

共通する点としましては、加護という特殊効果を条件がそろっていれば受けれることと、召喚獣を召喚することで味方のアクションが続き、またステータスのUPが期待されます。

正直今の段階では使えない召喚獣もいますが、使える召喚獣もいます!!

今回はDFFOOで現在入手可能な召喚獣をまとめて紹介しますので、どの召喚獣を育てようか迷っている人は参考にしてくださいね!!

【召喚獣:ラムゥ】

ラムウからの試練

ラムゥはHPが低いキャラや防御力が低いキャラと相性がいいです。

加護がHPが減ったときにしか、発動しないので短期戦や雑魚戦の際にはあまりこの効果を感じることが出来ません。

使えるポイントがあるとすれば、長期戦、攻撃力が高いボス戦のみとなります。

【召喚獣:オーディン】

オーディンは加護の発動条件はとても厳しく、序盤では加護を受ける前に戦闘は終了してしまっていると思います。

ただ召喚したときの性能は、現段階でのDFFOOでは最強クラスではないかと思います。

剣、大剣の攻撃力が1.25倍になるのでクラウドスコールのような最強クラスのキャラと相性が抜群です。

育てる召喚獣に迷っているならオーディンを育てることをおすすめします。

【召還獣:イフリート】

イフリートからの試練

イフリートは加護も召喚も非常にシンプルなものになりますが、パーティに即効で攻撃できる性能や、レムをいれて置くことで加護でかかる攻撃力5%が維持できるというメリットがあります。

相性がいいキャラとしてはレム、ジタンなどがおすすめになります。

この2人を育てているのであれば、イフリートはおすすめのキャラとなります。

【召還獣:シヴァ】

シヴァからの試練

シヴァはHP攻撃をした後などのピンチ状態になると素早さがUPします。

防御力こそ上がりませんが、攻撃される前にBRVをためることが出来ます。

ブレイクされる可能性を少しだけにはなりますが下げることが出来るのでまずまずという能力だと思います。

【召還獣:シルフ】

召還獣で唯一回復することができるシルフは初期で手に入る中では優秀なほうだと思います。

加護は使い方が難しいかもしれませんが、DFFOOでは状態異常は結構厄介です。

発動すれば確実に役立つと思います。

持続アクションが短いので最終的にはオーディンなどと交代させられるということにはなってしまうと思います。

【召還獣:チョコボ】

一番最初に手に入るチョコボは縛りがなく、全体にその効果を与えるというものになります。

特に弱い点もありませんが強い点もありません。

どんなときにでも対応できるというのが利点というとり方も出来ますし、育てておいて損はないかなと思います。

【DFFオペラオムニア】みんな知らない!?召喚獣の意外な使い方!!!

現状のDFFOOでは、これが一番強いんだ!!という絶対的な存在の召喚獣はいません。

平均的で、オーディンなどが少しおすすめかなというぐらいです。

ですがFFにはバハムートなどの強力な召喚獣もいます!!

いずれ出てくるであろう召喚獣ように素材をためておくのもいいかもしれませんね。

以上、【DFFOO】おすすめ召喚獣の紹介!!うまく使って大ダメージ!!でした。

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク


シェアする

フォローする