任天堂スイッチ「12Switch」全ゲーム紹介/その2

スポンサーリンク


任天堂スイッチ「12Switch」全ゲーム紹介/その2

12スイッチにはガンマン、ソードファイト、ピンポン、のようなイメージがつきやすいものから、ひげそり、赤ちゃん、ゴリラ、といった今までとは違った感覚のゲームもたくさんあります。Joy-Conによる新機能で盛り上がりましょう

ボクシングジム

Joy-Conをしっかりにぎって、相手よりはやく、サンドバックを叩いたり、より多く連打したり。

カウントボール

Joy-Conに入っているボールの数を当てます。もちろん実際に入ってはいませんが、HD振動によってボールの感触を体験できます。

ソーダ

Joy-Conをソーダの入った瓶にみたて振ります。数回振って次の人へ渡します。爆発しちゃったら負けです。 繊細なシュワシュワ感がリアルです。

エアギター

いわずと知れたエアギター。音楽に合わせてとにかくハイテンションで弾きまくる。うまく合わせて、連打でひきまくる。ハイテンションで!!

金庫やぶり

Joy-Conを金庫のダイヤルに見立てて動かし、金庫を開けるゲーム。

繊細な振動を手で感じながら、相手よりも先に金庫の鍵を開けましょう。

ソードファイト

相手としっかりと向き合い、相手が縦斬りできたら横、横斬りできたら縦というふうに攻防がつづきます。

フェイントも入れて、相手の逆をつきましょう。

大食いコンテスト

Joy-ConのモーションIRカメラに向かって、口をパクパク!とにかくパクパクするゲームです。

変顔でぱくぱくして相手を笑わせる作戦もアリ!?

フリーダンス

激しくダンスして、『STOP』の合図で静止するゲームです。

ときには激しく、ときにはピタッと。

コピーダンスとは違います。

ゴリラ

1頭のオスゴリラとなり,メスゴリラの気を引くために本体から聞こえる「ウホッ ウホッ」に合わせて“ドラミング”で勝負するという,

己が持つ野生的感性が勝利の決め手となります。

実際にJoy-Conが胸にあたると、壊れるので注意されます。

帰ってきたガンマン

通常のガンマンは、より早くより正確に相手にJoy-Conを向けて撃つゲームでしたが、帰ってきたガンマンは、撃つ合図の「Fire!」に似た掛け声に惑わされないように、しっかりと聞き分けて撃つゲームになってます。

電話番

いつかかってくるかわからない電話をより早く取ったほうが勝ちになります。相手に話しかけて集中させないようにするのも作戦です。

コピーダンス

対戦相手の披露したポーズを真似するゲーム。ポーズを取るプレイヤーは一定回数ごとに交代していく。

より相手のポーズに近いポーズを決めたほうが勝利。相手が困りそうなポーズを取ってみよう。

真剣白羽取り

カタナに見立てたJoy-Conを降り下ろして、もう一人がタイミングよく受け止めるゲーム。

相手に受け止められないように、フェイント入れたり、タイミングをずらす戦法もありです。

モデルウォーク

実際にモデルのように歩きましょう。リズムに合わせて綺麗に歩き、ピタッと止まると高得点!?

モデル気分でプレイしましょう。

シンプルなものから、新感覚なものまでスイッチならではのゲームが盛りだくさんです。

ご家族で、パーティで、仲間どおしで。楽しんではいかがでしょうか!

任天堂スイッチ 12Switch 全ゲーム紹介 その1はこちらから