【オセロニア】クエレブレの総合評価 / 竜属性 / 幻獣印

クエレブレをざっくり言うと!

・ 最大攻撃力が1.7倍となる強力なスキル

・ 発動条件が厳しいのがネック

・ コンボスキルも強力!

・ 総合評価点は6.0点とやや高め

スポンサーリンク


【進化前】クエレブレの基本情報

キャラ名 クエレブレ
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 819
最大ATK 895

【進化前】クエレブレのスキル情報

スキル名 アル・ブレイブマイン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。

【進化前】クエレブレのコンボスキル情報

コンボスキル名 アル・ドラゴゲイン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。

【進化前】クエレブレの進化に必要な素材

必要な素材
カッパーインゴット ヒヒイロカネ銅 チャンドラヴァルマン鋼 幻牛の角

【進化後】智白竜 クエレブレの基本情報

キャラ名 智白竜 クエレブレ
属性 竜属性
幻獣印
レアリティ A+
コスト 10
使用制限 1
声優 無し
最大HP 991
最大ATK 1191

【進化後】智白竜 クエレブレのスキル情報

スキル名 アル・ブレイブマイン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:3枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

【進化後】智白竜 クエレブレのコンボスキル情報

コンボスキル名 アル・ドラゴゲイン
種類 バフ
Lv1 攻撃力アップ:周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。通常攻撃が1.6倍になる。
Lv2 攻撃力アップ:周囲に自分の竜駒があるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

【進化後】智白竜 クエレブレの総合評価点

キャラ名 評価点
智白竜 クエレブレ 6.0点 / 10点

クエレブレの総合評価について解説していきます。

◆ クエレブレのスキル解説

次に、クエレブレのスキルについて解説していきます。
クエレブレのスキルは、バフ系の、アル・ブレイブマインというコンボスキルです。
アル・ブレイブマインは、3枚以上ひっくり返せるマスで、通常攻撃がスキルレベル最大で、1.7倍になるスキルとなっております。
このスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

① 発動条件が3枚以上ひっくり返せるマスに限定される

1点目は、スキルの発動条件についてです。
クエレブレのコンボスキルは、発動条件が、3枚以上ひっくり返せるマスに限定される為、少々発動条件としては重たい条件ですよね。
もちろん、終盤戦になれば、このスキルはガンガン発動させることが可能となってくるとは思いますが、果たして、竜属性デッキが、その終盤戦までHPが持つかどうかと聞かれるとかなりきわどいところですね。
対戦状況においては、使用出来るタイミングがあるかもしれませんが、発動条件としては、かなり厳しいものとなりそうです。

② 発動条件が重たいわりには、そこまで強力な火力ではない

2点目は、スキルの効果についてです。
クエレブレのスキルは、上記で説明した発動条件を満たしてもらえれば、通常攻撃力が、スキルレベル最大で1.7倍となる攻撃力を誇ります。
この攻撃力は一般的なAランクキャラと比較すれば、非常に強力なスキルではあるものの、発動条件から比較すれば少し物足りない攻撃力だなと感じます。
一方で、コンボスキルでの使用なので、発動は何度でも可能なので、ドンピシャにハマれば驚異的なのでしょうが・・・。
なんせ、発動条件が重たいので、なかなか厳しそうですね・・・。

◆ クエレブレのスキル解説

はじめに、クエレブレのスキルについて解説していきます。
クエレブレのスキルは、バフ系の、アル・ドラゴゲインというスキルです。
アル・ドラゴゲインは、周囲に自分の竜属性駒があるマスで発動出来、通常攻撃力がスキルレベル最大で、1.7倍となるスキルです。
このスキルを解説する上で、重要となってくるポイントは2点です。

① 発動条件がちょっと特殊な、周囲に竜駒があるマス限定!
1点目は、スキルの発動条件についてです。
クエレブレのスキルは、発動条件に、周囲に自分の竜属性駒があることで発動出来るという少し変わった発動条件となっております。
これは、実際に使用したことがある方であれば分かると思うのですが、神属性や、魔属性であれば、この条件を満たす事は結構あるのですが、竜属性デッキとなると、この条件を満たすのがなかなか難しいんです!
周囲に自分の竜属性駒があるということは、オセロ自体が中盤戦くらいに突入していないと、この条件を満たす場面がなかなか出てきません。
もちろん、このスキルを発動させることを第一条件で配置していけば、序盤からも、このスキルを使用する事は出来るのかもしれませんが、そうすると、今後はコンボスキルがつながらなくなるといったことも発生してしまいます。
そうなると、短期決戦で一気にかたを付けたい竜属性デッキにとっては、あまり相性が良くないと言えますね・・・。

② 発動さえ出来れば、通常攻撃の1.7倍の良いダメージ!
2点目は、スキルの効果についてです。
クエレブレのスキルの効果は、上記で解説した条件をクリアできれば、スキルレベル最大で、1.7倍となる非常に良い倍率のダメージを与える事が可能となっております。
これは、Aランクキャラとしては、非常に優秀な倍率だと言えますね。
もちろん、スキルなので、自らの最大ATKに大きく左右されるという点はあるものの、コンボスキルが絡めば、相手にとって大きな脅威となることに間違いはありません!
発動出来るチャンスがあれば、積極的に発動を狙っていきましょう!!

◆ クエレブレの総合評価

以上を踏まえて、クエレブレの総合評価について解説していきます。

クエレブレの総合評価を解説する上で、重要となってくるポイントは、3点です。

① ステータスは、標準よりもやや低い

1点目は、ステータスについてです。

クエレブレのステータスは、最大HPが991、最大ATKが1191と、標準よりもやや低い評価となっております。

竜属性はHPが1000超えるとありがたいというひとつの基準がありますが、クエレブレはその基準をクリアすることは出来ませんでしたね。

あと一息なんですが、惜しいところです。

また、ATKについても、1200以下といまひとつ・・・。

攻撃力が重要とだけあって、惜しいところですね。

② 発動条件が重たいが発動出来れば大ダメージ!

クエレブレのスキルは、上記で解説した通り、発動条件が3枚以上でひっくり返せるマスと限定されてしまうものの、発動させしてしまえば、非常に強力なスキルと言えます!
一方で、やはり発動条件がかなり重たいというのが大きな弱点ではありますよね。
もちろん、対戦中盤戦から、終盤戦であれば、3枚以上ひっくり返す機会はたくさんあるのですが、ヘルクラネウムの場合、竜属性デッキでの使用がほとんどの為、短期決戦で勝負を決めていきたいところです。
故に、クエレブレのスキルは、もちろん使用出来るタイミングがあるかもしれませんが、使いにくいという結論に至ります・・・。

③ 少し特殊な発動条件ではあるものの、倍率は魅力的!
2点目は、クエレブレのスキルについてです。
クエレブレのスキルは、上記でも解説した通り、周囲に自分の竜属性駒がある場合にのみ発動出来るという、少し変わった条件となっております。
この条件は、竜属性のような短期決戦型のデッキで使用するには、少し難しい発動条件となってしまいます。
その中でも、うまく発動出来た場合は、最大倍率が1.7倍と非常に魅力的な倍率を出す事が可能です。
更には、クエレブレは最大ATKが1191と標準よりも少し高めですので、クエレブレのスキルを十二分に活かせるのかなと思います!
スキルも絡ませれば、非常に強力な一撃を与える事も可能です!

クエレブレの総合評価点

以上を踏まえて、クエレブレの総合評価点を算出すると、10点満点中、6.0点という評価を付けさせて頂きました。
ステータスも高いという一方で、スキルについては、少し発動条件が特殊ということもあり、使いずらいという点もありますが、発動出来た時の強さは高く評価できますね!
竜属性デッキに入れるというのも面白いと思います!
入手方法については、ガチャ限定キャラクターとなりますので、もし入手した場合は、スキルレベル最大にまで育ててみてはいかがでしょうか!

◆ クエレブレと相性の良い代表的なキャラ
・レグス
・レジェ
・デネヴ
・景光

オセロニアのまとめページ

スポンサーリンク


シェアする

フォローする