【DFFOO】断章追加!!「ダルマスカ王国の王女」よりアーシェ参戦!レベル解放で再登場!!

DFFOO、アーシェ

DFFOOでは断章の追加により、アーシェが参戦となりました。

アーシェが参戦する「ダルマスカ王国の王女」は期間限定でハイシャードを獲得できるミッションも開催中です。

そして今回の再参戦により、レベル解放後の状態での参戦となっています。

レベル解放といえば、DFFOOではキャラの評価を変える、一番注目のイベントとなっています。

アーシェはレベル解放前でも人気のあるキャラでしたが、レベル解放によってどのような評価を得ることができたのでしょうか?

育成優先度なども紹介するので、攻略の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


FFⅫ:アーシェ・バナルダン・ダルマスカ

DFFOO、アーシェ
DFFOO、アーシェ
クリスタル
攻撃方法 魔法&物理:剣
育成優先度 A
役割 バフ&デバフ
参入条件 断章「ダルマスカ王国の王女」クリア後

アーシェの評価

アーシェはDFFOOではバフで攻撃力を上昇させることができるキャラです。アビリティのそれぞれの効果により、魔法&物理攻撃を強化することができます。

そのままでは、自身にしかバフを付与することができませんが相性武器を装備させれば、効果が全体化します。攻撃型のサポーターとしてアーシェは優秀と言えます。

そしてレベルキャップ解放により、アーシェは新たな能力を手に入れました。

まずアビリティ「聖光爆裂斬」にHP攻撃が追加されました。アーシェは火力が高いため、一気にためたBRVをHP攻撃として大ダメージを与えることができるようになりました。

さらに強化効果をアーシェが得ることで全体に最大BRVの上昇、自身に攻撃力と素早さを上昇させることができます。アビリティはエクステンド化により火力が増すのでアタッカーとしての素質も十分にあります。

断章の追加で期間限定ミッションにはアーシェをパーティに入れて、という項目があるのでレベル解放を行いレベルを55ぐらいまで上げておく必要はあるといえるでしょう。

アビリティ:北斗骨砕斬

アーシェ、北斗骨砕斬
アーシェ、北斗骨砕斬
効果:無属性魔法BRV攻撃 自身に5ACTION「魔法攻撃力アップ」付与

北斗骨砕斬は無属性の魔法BRV攻撃を与えることができ、同時に強化効果で魔法攻撃力を上昇せることができます。無属性の魔法なので、苦手とする敵が少なく汎用性が十分に高いと評価できます。さらに召喚獣バハムートの恩恵をそのまま受けられる属性なので、ダメージアップがさらに期待できます。

相性武器「クレイモア」を装備させることで、強化効果が全体化するのでティナなどの強力な魔法アタッカーのサポートもできるアビリティです。

北斗骨砕斬は初期アビリティなので、最初から使用は可能となっています。

アビリティ:聖光爆裂斬

アーシェ、北斗骨砕斬
アーシェ、北斗骨砕斬
効果:10HIT聖属性魔法BRV攻撃 自身に5ACTION「物理攻撃力小アップ」を付与

聖光爆裂斬は聖属性の魔法攻撃となっており、弱点をつくことも可能となっています。同時に強化効果で物理攻撃を上昇させることができます。属性があるので、弱点を突くことが可能となっています。今回のボスの弱点は聖属性のため、大いに役立つアビリティとなっています。

そして聖光爆裂斬はエクステンド化することにより、追加でHP攻撃を行うことができます。多くのBRVを削れるアビリティであるため、大ダメージを敵に与えることが可能です。

相性武器:クレイモア

DFFOO、クレイモア
DFFOO、クレイモア

相性武器クレイモアではアビリティ「北斗骨砕斬」の威力を上昇させることができ、さらに弱体効果「最大BRV小ダウン」を付与させます。さらに「魔法攻撃力アップ」を全体化させることができます。アーシェをサポートとして覚醒させることができる相性武器となっています。

魔法キャラとパーティを組む際に装備させたいパッシブ効果がある武器と言えるでしょう。

相性武器:ディフェンダー

DFFOO、ディフェンダー
DFFOO、ディフェンダー

専用武器であるディフェンダーはCPが高く、パラメータも高く設定されています。メイン武器としておすすめのディフェンダーですが、相性性能もすぐれています。アビリティ「聖光爆裂斬」の行動負荷を下げ、威力を上げることができます。付与できる弱体効果は「素早さ小ダウン」は高く評価はできませんが、「物理攻撃力アップ」が全体化することで物理キャラのサポートが可能となります。

スコールクラウドなどと相性のいい武器と言えるでしょう。

【DFFOO】アーシェ覚醒60でアーシェ断章やってみた結果・・・

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク


シェアする

フォローする