【DFFOO】インタールードより「ケットシー」参戦!アタッカー兼サポーター【オペラオムニア】

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア

DFFOOでは新たなストーリーとなる「インタールード」が開幕となりました。

インタールードは第一部と第二部をつなぐストーリーとなっており、これからのDFFOOをつなぐストーリーとなっています。

第一部で敵として出てきたキャラがストーリーに登場し、新たな展開へと導く物語となっています。

今後のDFFOOのストーリーは「クリスタル・コア」が大きくかかわってきそうです。

さてそんな謎の状態である「クリスタル・コア」ですが、今回参戦する「ケットシー」は何かしらの事情を知っているようです。

そんな謎めいたキャラであるケットシーは味方として参戦します。

FF7でもムードメーカーとして盛り上げてくれていたキャラはDFFOOではどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

この記事では、新キャラ「ケットシー」の評価、育成優先度を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


FFⅦ:ケット・シー

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア
DFFOO、ケットシー、オペラオムニア
クリスタル
攻撃方法 その他(メガホン)
育成優先度 A
役割 SP&ATK
参入条件 インタールード「瓦礫に埋もれた兵器」クリア後

ケットシーの評価

ケットシーはサポートキャラとして評価されています。アビリティはどちらもバフを付与することが可能となっていますが、メインとして使われるのは「モーグリダンス」となっています。モーグリダンスでは「チアフルギフト」という固有バフを付与させることができます。

チアフルギフトはBRVリジェネ・HPリジェネ・攻撃力アップという3つの性能をもっており、モーグリダンスでは「最大BRVアップ」「攻撃力アップ」も付与させるため、ケットシーは一度で3種のバフを付与させることができます。チアフルギフトの性能も加えると実質5つの効果を付与させるので、パーティの火力上げとして十分な性能を持っていると評価できます。

ケットシーは一人で物理攻撃力アップと攻撃力アップを重ねがけができてしまうため、火力上げとしては最適なキャラといえるでしょう。

さらに全体攻撃が可能となっており、敵が複数いる場合は分散、単体であれば集中したBRV攻撃ができるため、汎用性も高いです。追加でHP攻撃も可能となっており、アタッカーとしてもまずまずの評価ができますね。

BRV供給も可能となっており、最大BRVの半分の値を供給できるため簡単に大ダメージを与えることも可能です。

ケットシーはサポーターとして評価が高く、アタッカーとしても運用が可能といえるでしょう。

アビリティ:トイソルジャー

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、トイソルジャー
DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、トイソルジャー
効果:6HIT全体遠距離物理BRV攻撃。敵の数に応じてBRV攻撃対象は分散。自身に5ACTION「物理攻撃力小アップ」付与。味方全員の強化効果の数が合計3個以上、6個未満の時「トイソルジャー+」に、合計6個以上の時「トイソルジャー++」へ変化。

トイソルジャーは全体遠距離物理BRV攻撃となっていますが、状況により単体攻撃に変えることも可能となっています。さらに「物理攻撃力小アップ」も付与させるのでケットシー自身の火力上げにもつながります。条件を満たすことで+、++状態にアビリティが強化されますが、効果としては威力がアップするという単純な性能となっています。

エクステンド化することにより奪ったBRVを最大BRVを超えて加算することができ、最大BRVの100%超える値にすることでHP攻撃が発動します。上限は最大BRV150%となっているのでダメージの高いHP攻撃が可能となります。

アビリティ:モーグリダンス

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、モーグリダンス
DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、モーグリダンス
効果:味方全員に6ACTION「チアフルギフト」付与。味方全員の強化効果の数が合計3個以上、6個未満の時「モーグリダンス+」に、合計6個以上の時「モーグリダンス++」へ変化。

モーグリダンスはバフを全体に付与できるアビリティとなっており、サポート性能が高いと評価を行うことができます。パーティ全体の強化効果の数により+、++状態にアビリティを強化を行うことができます。

+状態では「最大BRVアップ」、++状態では「最大BRVアップ」「攻撃力アップ」を追加で付与させることができます。「チアフルギフト」はBRVリジェネ・HPリジェネ・攻撃力アップの効果を持つのでかなりすぐれた性能を持つバフと言えます。

エクステンド化することに自身の最大BRVに依存した量のBRVを味方全員に加算することと、通常BRV攻撃によりBRVを加算することができます。

モーグリダンスはBRV供給、多くのバフを付与できるサポート性の高いアビリティといえるでしょう。

相性武器:グリーンメガホン【Ⅶ】

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、グリーンメガホン
DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、グリーンメガホン

グリーンメガホンではアビリティ「トイソルジャー」に付随する能力を強化します。相性性能としては、威力のアップと期間延長のみとなっていますがトイソルジャー自身が++状態にすることで威力が高いので、威力アップの相性性能のみでも十分な性能を持つことができます。

追加でHP攻撃も発生させることができるアビリティなので、条件となる最大BRV100%以上を簡単に超えられるようになります。

ケットシーをアタッカーして開花させることができる相性武器といえるでしょう。

専用武器:シルバーメガホン【Ⅶ】

DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、シルバーメガホン
DFFOO、ケットシー、オペラオムニア、シルバーメガホン

シルバーメガホンではアビリティ「モーグリダンス」を強化することができ、初期状態でも+状態で使用することができるようになります。効果のアップと期間の延長が適用されます。

ケットシーはアタッカーとしても評価はされていますが、最も重要な役割はサポート力です。ケットシーのサポート性能を上げることができる専用武器はケットシーに最も重要な専用武器となっています。

シルバーメガホンを入手することで一度で++状態にすることができる強化数6個までを付与させることもできるので1ACTIONで「チアフルギフト」「最大BRVアップ」「攻撃力アップ」という優秀なバフを3種付与させることができます。

ケットシーは攻撃型サポーターとして、優秀なキャラとして評価されているので専用武器の入手が必須といえるでしょう。

【DFFOO】ケットシーのサポート力がやばいのでは?#244

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのまとめ記事はこちら

スポンサーリンク


シェアする

フォローする